薬剤師資格をお持ちで転職や、ブランク後の再就職を考えている方は何を基準に薬剤師求人を探していますか。
家事や育児と両立させながら頑張りたいという方は、自宅から近い場所や勤務時間帯や曜日・労働時間数を基準に選ばれるかもしれません。
そういった制限がない場合は、仕事の内容と働く環境で選ぶ方が多いのではないかと思います。
特に東京では薬剤師求人の種類も数も豊富なため、自分のやりたい仕事でターゲットを絞ることが、希望の求人に出会える早道だと思います。
例えば、病院の中にある調剤薬局に正社員として勤務したいのか、病院の近くにあって病院の診療に合わせて土日が休みのところがいいとか、具体的な条件を付けて検索するわけです。
ドラッグストアでの勤務を希望する場合には、調剤薬局があるところがいいのか、もう少し気軽に薬のアドバイスをしつつ医薬品や化粧品を販売するスタッフとしての働きがいいのかを検討します。
都内にあるドラッグストアの場合、駅からのアクセスが比較的よく通勤には便利だと思いますが、勤務時間に関しては土日も休みではありませんし、夜遅くまで営業するケースもありますから、そうした勤務形態についても納得しておく必要があります。
このほかディスカウントストアやコンビニなどでも薬剤師をおいて医薬品を販売するところが増えており、薬剤師求人が出ている場合があります。
チェーンのドラッグストアの場合、店舗ではなく本部の求人に応募するという道もあります。
薬剤師の知識を活かして仕入れ担当のバイヤーになったり、広報や企画、全店舗を巡ってコンサルティングや研修を行う総合職として働くというものです。
薬剤師としての基本的な業務を超えて、店舗運営や会社の運営にも携わってみたいと考える方にはやりがいのある仕事と言えます。
さらに数ある医薬品メーカーの研究員として創薬の開発に携わったり、MRとして医薬品の情報を医師に伝える仕事もありますし、最近では、在宅療養支援診療所などで在宅医療チームの一員として薬剤師を募集している場合もあります。
どのような仕事をしていきたいのかを明確にし、キャリアプランを描き目標をもって、薬剤師求人を探したいものです。